安西水丸の軌跡を振り返る大規模個展が京都で開催、愛用品も紹介

『イラストレーター 安西水丸』展が、6月17日から京都の美術館「えき」KYOTOで開催される。

2014年に逝去したイラストレーターの安西水丸は、村上春樹作品のイラストレーションをはじめ、漫画、小説、エッセイの執筆、翻訳など様々なジャンルで活動してきた。

同展では、安西水丸が手掛けた仕事や作品を4章に分けて紹介。「ぼくの仕事」と題された章では絵本や広告などの原画と印刷物の展示、「ぼくと3人の作家」では嵐山光三郎、村上春樹、和田誠の3人との交流の中で生まれた作品に焦点を当てる。また、「ぼくの来た道」では幼少期から青年期にかけての作品と、スノードームや万年筆といった愛用品が紹介され、「ぼくのイラストレーション」では安西が初期から晩年に至るまでに描いた原画や、同展のために復刻制作されたシルクスクリーンなどが展示される。会場では、嵐山光三郎や小山薫堂を招いたギャラリートークも行なわれる。

なお今回の展覧会と同名の安西水丸の作品集『イラストレーター 安西水丸』が、6月下旬に刊行される。

イベント情報

『イラストレーター 安西水丸』展

2016年6月17日(金)~7月10日(日)
会場:京都府 美術館「えき」KYOTO

時間:10:00~20:00(6月20日、6月21日、6月27日、6月28日は19:30まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:一般800円 高・大学生600円 小・中学生400円

ギャラリートーク
『水丸さんとのおもいで』

2016年6月18日(土)13:00~
会場:京都府 美術館「えき」KYOTO
出演:嵐山光三郎
料金:無料
※当日の入場券必要、事前申込不要

2016年6月22日(水)18:30~
会場:京都府 美術館「えき」KYOTO
出演:小山薫堂
料金:無料
※当日の入場券必要、事前申込不要

書籍情報

『イラストレーター 安西水丸』

2016年6月下旬発売予定
価格:2,500円(予定)
発行:クレヴィス

  • HOME
  • Art,Design
  • 安西水丸の軌跡を振り返る大規模個展が京都で開催、愛用品も紹介

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて