夏目雅子の遺作『瀬戸内少年野球団』が再び映像化、主演は武井咲

ドラマ『瀬戸内少年野球団』が今秋にテレビ朝日系で放送される。

『瀬戸内少年野球団』は、作詞家・阿久悠が1979年に発表した同名の自伝的小説をもとにした作品。原作は1984年に夏目雅子を主演に迎え、篠田正浩監督によって映画化されており、同作は1985年に逝去した夏目の遺作となった。今回のドラマでは原作をより忠実に再現し、兵庫・淡路島で敗戦を迎えた少年少女の視点から、野球を通して戦後の人々が生きる力を取り戻していく様を描く。

戦地から帰ってきた夫と共に、自ら監督となって子どもたちのために野球チーム「江坂タイガース」を結成する江坂町国民学校初等科の教師・中井駒子役を演じるのは武井咲。武井は、映画版で夏目が演じたキャラクターを演じることについて「演じるにあたり映画を拝見しましたが、今では難しいような衝撃的な表現があって、今回のドラマではどうなるのかな?と思ったのと、ただただ夏目さんが美しくて…。この方が演じられた役を私がやるという緊張感はものすごいものでした」とコメントしている。

また海軍提督の娘で、戦後に江坂町国民学校に転校し、江坂タイガースに所属する波多野武女役に本田望結がキャスティングされているほか、島の「名物オバン」穴吹トメ役を友近、トメが入れあげている旅芸人・池田新太郎役を、映画版で原作者・阿久の分身ともいえる少年・竜太役を演じた山内圭哉が演じる。

番組情報

『瀬戸内少年野球団』

2016年秋にテレビ朝日系で放送

監督:松田礼人
脚本:寺田敏雄
原作:阿久悠『瀬戸内少年野球団』(岩波現代文庫)
出演:
武井咲
友近
えなりかずき
山内圭哉
本田望結
坂田湧唯
平泉成
栗山航
高橋惠子
大杉漣

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 夏目雅子の遺作『瀬戸内少年野球団』が再び映像化、主演は武井咲

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて