ジャン・コクトー原案の舞台『肉声』、構成・演出・美術は杉本博司

舞台『「肉声」~ジャン・コクトー「声」より~』が、11月25日から東京・青山一丁目の草月ホールで上演される。

小田原文化財団がプロデュースする同公演は、1930年に初演されたジャン・コクトーの戯曲『声/La Voix』をもとに、設定を昭和初期に置き換えた作品。日米開戦前年である1940年の晩夏を舞台に、男に電話をかけることを思い立った女の姿を描く。

構成・演出・美術を杉本博司が担当。作・演出を作家の平野啓一郎が手掛け、主演に寺島しのぶを迎える。節付と演奏はバイオリニストの庄司紗矢香が担当する。チケットは9月10日に発売予定。

イベント情報

『「肉声」~ジャン・コクトー「声」より~』

2016年11月25日(金)~11月27日(日)全4公演予定
会場:東京都 青山一丁目 草月ホール

原案:ジャン・コクトー
構成・演出・美術:杉本博司
作・演出:平野啓一郎
節付・演奏:庄司紗矢香
出演:寺島しのぶ
料金:6,000円

  • HOME
  • Stage
  • ジャン・コクトー原案の舞台『肉声』、構成・演出・美術は杉本博司

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて