白井晃演出のブレヒト劇『マハゴニー市の興亡』、音楽はスガダイロー

舞台『マハゴニー市の興亡』が、9月9日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で上演される。

『三文オペラ』で組んだ劇作家ベルトルト・ブレヒトと作曲家クルト・ヴァイルによる『マハゴニー市の興亡』は、3人の逃亡犯が荒野に作った楽園の街「マハゴニー」を舞台に、街の繁栄と荒廃を描いた作品。社会に対する痛烈な皮肉が含まれていることから1933年にナチスが上演を禁じ、1960年代から70年代にかけて再び注目された。

酒、女、ギャンブルの世界を求めてマハゴニー市にやってくるきこり・ジム役を演じるのは山本耕史。ジムに買われる売春婦・ジェニー役をマルシアが演じる。売春あっせんと詐欺の容疑で指名手配される3人の逃亡犯には、古谷一行、中尾ミエ、上條恒彦がそれぞれキャスティングされている。演出、上演台本、訳詞を手掛けるのは、4月にKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した白井晃。音楽監督はスガダイロー、振付はダンサーのRuuが担当している。

なお同公演では、舞台上に「マハゴニー市民席」と称した客席を設置。観客は「市民」として舞台に参加する。チケットの一般発売は6月18日からスタート。9月6日、7日にはプレビュー公演が実施される。

イベント情報

『マハゴニー市の興亡』

作:ベルトルト・ブレヒト
作曲:クルト・ヴァイル
演出・上演台本・訳詞:白井晃
翻訳:酒寄進一
音楽監督:スガダイロー
振付:Ruu
出演:
山本耕史
マルシア
中尾ミエ
上條恒彦
古谷一行
細見大輔
櫻井章喜
辰巳智秋
Ruu
伊勢大貴
加藤義宗
岸田研二
木村雅彦
今野晶乃
SALLY
鈴木崇乃
遠山悠介
長友郁真
NAMImonroe
野沢聡
橋本由希子
早瀬マミ
村田慶介
薬丸翔
山崎将平
吉田哲也
立崇なおと

プレビュー公演
2016年9月6日(火)、9月7日(水)
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 ホール
料金:一般5,000円 マハゴニー市民席3,000円
※マハゴニー市民席は舞台上特設客席・自由席

2016年9月9日(金)~9月22日(木・祝)全14公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 ホール
料金:S席8,500円 A席7,500円 B席5,000円 3階席2,000円 マハゴニー市民席5,000円 U24チケット4,250円 高校生以下1,000円 シルバー8,000円
※マハゴニー市民席は舞台上特設客席・自由席

  • HOME
  • Stage
  • 白井晃演出のブレヒト劇『マハゴニー市の興亡』、音楽はスガダイロー

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて