ニュース

シャムキャッツが自主レーベル立ち上げ、8月に新作『マイガール』

シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より
シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より

シャムキャッツのニューシングル『マイガール』が、8月10日にリリースされる。

6月19日に主催イベント『EASY TOUR』の最終公演を東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催したシャムキャッツ。『マイガール』は、彼らが新たに立ち上げた自主レーベル「TETRA RECORDS」からリリースされる。

同作には、すでにライブでも披露されているタイトル曲をはじめ、“お早よう”“真冬のサーフライダー”の全3曲を収録。初回限定盤には、昨年末に実施したツアー『素晴らしい日々』と『EASY TOUR』の模様や同作のレコーディング風景など、シャムキャッツの「毎日」を追った約60分のドキュメンタリー映像を収めたDVDが付属する。

あわせて『EASY TOUR』追加公演の出演者が発表。7月8日の大阪公演にはHAPPY、STUTS、7月10日の宮城公演にはスカートと原田晃行(Hi,how are you?)が出演する。両公演ともチケットは販売中。

夏目知幸(シャムキャッツ)のコメント

レーベル「TETRA RECORDS」を設立しました。
まず、四年間在籍したP-vineに感謝を。大変お世話になりました。また、独立に際してスタッフの皆さんから頂いた激励の言葉、とてもうれしかったです。がんばります!
独立してレーベルをやっていくという判断は、決して消極的な姿勢ではなく、シャムキャッツというロックバンドをより社会的に大きなものにして行きたいという気持ちから生まれました。そのためにはもっと自由になって、もっと自分たちで考えてやっていくのがいいんじゃないかと思いました。
もとより僕たちは、インディーズレーベルはどうの、メジャーレーベルはどうのという線引きで音楽を語るのは無意味だというスタンスでバンドを続けてきました。それはつまるところ、曲を作って人に届けるってことは、みんな同じにやらなくちゃいけないことだという意味です。
なので、僕たちにとってレーベル立ち上げは確かに大きな一歩なんですが、何ら、やらなくちゃいけないことは変わらないです(増えますけど!)。曲を作って、録音して、音源出して、ライブをするのがバンドです。
よりダイレクトに、より広く、届けたいなと思ってます。
とは言え、カッコした「増える」という部分で、大変そうです。至らない部分や皆さんのお世話になることも増えると思います。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
レーベル名のTETRAは地元浦安でよく見ていたテトラポッドからと、ラテン語で「4」という意味だそうで、僕たち4人組なので、いいかなーと思ってそうしました。
ま、面白い事いっぱいやりたいっすね!
それだけ!よし!

リリース情報

シャムキャッツ
『マイガール』初回限定盤(CD+DVD)

2016年8月10日(水)発売
価格:1,944円(税込)
TETRA-1001D

[CD]
1. マイガール
2. お早よう
3. 真冬のサーフライダー
[DVD]
・『バンドの毎日』

リリース情報

シャムキャッツ
『マイガール』通常盤(CD)

2016年8月10日(水)発売
価格:1,080円(税込)
TETRA-1001

1. マイガール
2. お早よう
3. 真冬のサーフライダー

イベント情報

『EASY TOUR』追加公演

2016年7月8日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:
シャムキャッツ
HAPPY
STUTS

2016年7月10日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:宮城県 仙台 enn 2nd
出演:
シャムキャッツ
スカート
原田晃行(Hi,how are you?)

料金:各公演 前売3,000円(ドリンク別)

シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より
シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より
シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より
シャムキャッツ 『EASY TOUR』LIQUIDROOM公演より
TETRA RECORDSロゴ
TETRA RECORDSロゴ
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年