ニュース

中井貴一&長澤まさみ『グッドモーニングショー』、主題歌はKANA-BOON

KANA-BOON
KANA-BOON

10月8日から全国で公開される映画『グッドモーニングショー』の主題歌が発表された。

君塚良一が監督と脚本を手掛けた同作は、テレビの情報番組を題材に据えたコメディー映画。情報番組のメインキャスターを務める澄田真吾役を中井貴一、澄田との交際を生放送中に発表しようとするアシスタント・小川圭子役を長澤まさみが演じるほか、志田未来、池内博之、林遣都、梶原善、木南晴夏、大東駿介、時任三郎、吉田羊、濱田岳、松重豊らがキャスティングされている。

主題歌となるのは、KANA-BOONの新曲“Wake up”。KANA-BOONが実写映画の主題歌を担当するのは今回が初となる。リリース情報は後日発表される予定。あわせて公開された『グッドモーニングショー』の予告編には、同曲の一部が使用されている。

谷口鮪(KANA-BOON)のコメント

主題歌のお話を頂いて、率直に嬉しかったです。また新たなテーマを持って楽曲作りが出来ることにワクワクしました。
今作「Wake up」は、また新たな自分達の未来を切り開く、フレッシュで力強い楽曲です。劇中に出てくる言葉や情熱が、ミュージシャンとしての自分の想いとも重なり、映画とも心が通った曲となりました。より多くの方に、この映画の面白さ、そして僕達の楽曲に込めたメッセージが届くことを願っております!

君塚良一監督のコメント

テレビキャスターのとんでもない一日を描いたこの映画に、彼らの闘争的なメロディと独特な声の色が必須でした。
完成した主題歌は作品をより深く強く包んでくれました。

作品情報

『グッドモーニングショー』

2016年10月8日(土)から全国東宝系で公開

監督・脚本:君塚良一
主題歌:KANA-BOON“Wake up”
出演:
中井貴一
長澤まさみ
志田未来
池内博之
林遣都
梶原善
木南晴夏
大東駿介
濱田岳
吉田羊
松重豊
時任三郎
ほか
配給:東宝

『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
『グッドモーニングショー』 ©2016 フジテレビ 東宝
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像