少年と女だけの島で目撃する奇妙な医療行為、『エコール』監督の新作

映画『エヴォリューション』が、11月から東京・渋谷のアップリンク、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

『エヴォリューション』は、ギャスパー・ノエのパートナーであり、2004年の映画『エコール』の監督も務めたルシール・アザリロヴィックの新作。少年と女性だけが住む人里離れた島を舞台に、奇妙な医療行為の秘密を探る少年ニコラが、海辺で「ある行為」をする母と女たちを目撃するというあらすじだ。

なお同作は『フランス映画祭2016』に出品。6月27日に東京・有楽町朝日ホールで上映される。

また『エコール』の上映イベントが、6月26日に東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で開催。当日はルシール・アザリロヴィック監督と塚本晋也がゲストとして登壇する予定だ。入場は無料となる。

作品情報

『エヴォリューション』

2016年11月からアップリンク、新宿シネマカリテほか全国で順次公開

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:
マックス・ブラバン
ロクサーヌ・デュラン
ジュリー=マリー・パルマンティエ
配給:アップリンク

イベント情報

『エコール』上映&マスタークラス

2016年6月26日(日)14:00~
会場:東京都 飯田橋 アンスティチュ・フランセ東京

上映作品:『エコール』(監督:ルシール・アザリロヴィック)
ゲスト:
ルシール・アザリロヴィック
塚本晋也
司会:市山尚三
料金:無料
※整理券は13:00から会場2Fエスパス・イマージュ前で配布

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 少年と女だけの島で目撃する奇妙な医療行為、『エコール』監督の新作

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて