『美学校・ギグメンタ』が8会場で開催、展覧会やライブなど多彩企画

『美学校・ギグメンタ2016』が、7月3日から東京・神保町の美学校ほか都内8会場で開催される。

『ギグメンタ』は1983年の初開催以降、不定期で行なわれ、2013年から毎年開催されているアートイベント。今回は美学校を中心に、東京・明治神宮前のBLOCK HOUSE、阿佐ヶ谷のTAV GALLERY、青梅のモデルルームといったギャラリーが共同で参加し、展覧会、舞台公演、ライブ、レクチャーなど11のプログラムを展開する。

オープニング企画となるのは小田島等とひらのりょうの2人展『UTOPIA!!』。VRを使った両作家のコラボレーション作品も発表される。さらにO JUNら4作家が参加する『この都市で目が覚めて』展、松蔭浩之と田中偉一郎の展覧会『怪獣』、照明と作品展示の関係を探るグループ展『YOTSUYA BEDROOM』といった展示企画が行なわれる。

また中西晶大が演出を手掛ける舞台公演や、服部峻、NRQらが出演するライブ『SOUND OF GIGMENTA 2016「構造」』、岸野雄一らがアナログレコードの魅力を語る『神保町レコード学校』も開催。各プログラムの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『美学校・ギグメンタ2016』

2016年7月3日(日)~8月13日(土)
会場:東京都 神保町 美学校、新宿 The Artcomplex Center of Tokyo、日暮里 HIGURE 17-15 cas、阿佐ヶ谷 TAV GALLERY、神保町 文房堂ギャラリー、明治神宮前 BLOCK HOUSE、恵比寿 KATA、中野 テルプシコール
料金:無料(一部有料イベントあり)

  • HOME
  • Art,Design
  • 『美学校・ギグメンタ』が8会場で開催、展覧会やライブなど多彩企画

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて