悪魔のしるし危口統之展『劇的なるものをネグって』、捩子ぴじんも参加

危口統之(悪魔のしるし)の個展『劇的なるものをネグって』が、7月8日から東京・馬喰町のKanzan Galleryで開催される。

2008年に立ち上げた悪魔のしるしを拠点に、演劇、パフォーマンス、建築、美術など様々な要素を取り入れた作品を発表している危口。

4月からKanzan Galleryでスタートした展覧会シリーズ『語りの技法』の第2回となる『劇的なるものをネグって』では、危口と捩子ぴじんらのパフォーマンスを展開。チケット予約は7月10日から受け付ける。また7月30日と31日には百瀬文によるパフォーマンスも行なわれる。キュレーションは島貫泰介が担当。料金やパフォーマンスの実施時間はKanzan Galleryのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

危口統之(悪魔のしるし)
『劇的なるものをネグって』

2016年7月8日(金)~7月31日(日)
会場:東京都 馬喰町 Kanzan Gallery

時間:11:00~20:00
休廊日:月曜

  • HOME
  • Stage
  • 悪魔のしるし危口統之展『劇的なるものをネグって』、捩子ぴじんも参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて