堤真一×松雪泰子×黒木華×溝端淳平、魔女狩り題材の舞台『るつぼ』

舞台『るつぼ』が10月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

『るつぼ』は、『ピュリッツァー賞』などを受賞した『セールスマンの死』などを手掛けたアメリカの劇作家アーサー・ミラーの戯曲。1962年にマサチューセッツ州セイラムで起きた、無罪の人間が死刑にされた魔女裁判騒動を題材に、1950年代の反共産主義運動に対する批判を表現した作品だ。

美少女アビゲイルと不倫をする主人公の農夫・プロクター役を演じるのは堤真一。プロクターの妻エリザベスに罠を仕掛けるアビゲイル役を黒木華、信心深いエリザベス役を松雪泰子、悪魔祓いの権威として招かれるヘイル牧師役を溝端淳平が演じる。

演出を手掛けるのは、イギリスのロイヤルシェイクスピアカンパニー出身のジョナサン・マンビィ。脚本は広田敦郎による新訳版となる。チケットは7月10日から販売開始。

イベント情報

シアターコクーン・オンレパートリー2016
『るつぼ』

2016年10月7日(金)~10月30日(日)全28公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン

作:アーサー・ミラー
演出:ジョナサン・マンビィ
翻訳:広田敦郎
出演:
堤真一
松雪泰子
黒木華
溝端淳平
秋本奈緒美
大鷹明良
玉置孝匡
冨岡弘
藤田宗久
石田登星
赤司まり子
清水圭吾
西山聖了
青山達三
立石涼子
小野武彦
岸井ゆきの
皆本麻帆
富山えり子
川嶋由莉
穴田有里
中根百合香
万里紗
大内唯
原梓
Reina
料金:S席10,500円 A席8,000円 コクーンシート5,000円

  • HOME
  • Stage
  • 堤真一×松雪泰子×黒木華×溝端淳平、魔女狩り題材の舞台『るつぼ』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて