『文化庁メディア芸術祭』作品募集、審査委員に遠藤雅伸、佐藤直樹ら

『第20回文化庁メディア芸術祭』の作品募集が本日7月7日からスタートした。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門において国内外の優れた作品を顕彰すると共に、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。昨年は87の国と地域から4417作品の応募が集まり、国内からは過去最多となる2201点があった。

今年の審査委員には、アート部門に東京都現代美術館学芸員の森山朋絵、エンターテインメント部門に遠藤雅伸、佐藤直樹、アニメーション部門に小黒祐一郎、木船徳光、森野和馬が新たに名を連ねている。アニメーション部門とマンガ部門の審査委員は今後も発表される予定だ。

ウェブもしくは郵送による作品の募集は9月9日18:00まで受け付ける。各賞の発表は2017年3月中旬を予定。受賞作品展は2017年夏から秋に行なわれる。募集要項は『第20回文化庁メディア芸術祭』ウェブサイトで確認しよう。

詳細情報

『第20回文化庁メディア芸術祭』

募集期間:2016年7月7日(木)~9月9日(金)18:00(日本時間)
受賞発表:2017年3月中旬予定
贈呈式:2017年夏~秋開催予定

審査委員:
アート部門
石田尚志
佐藤守弘
中ザワヒデキ
藤本由紀夫
森山朋絵

エンターテインメント部門
遠藤雅伸
工藤健志
佐藤直樹
東泉一郎
米光一成

アニメーション部門
小黒祐一郎
木船徳光
高橋良輔
森野和馬
ほか

マンガ部門
犬木加奈子
門倉紫麻
古永真一
松田洋子
ほか

  • HOME
  • Art,Design
  • 『文化庁メディア芸術祭』作品募集、審査委員に遠藤雅伸、佐藤直樹ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて