世界最大級の絵本原画展から約300点を展示、日本の絵本史を回顧

『BIB 50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の50年 これまでとこれから―』が、7月9日から埼玉・うらわ美術館で開催される。

昨年に50周年を迎えた『ブラティスラヴァ世界絵本原画展』は、スロバキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。

『BIB 50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の50年 これまでとこれから―』の第1部では、日本からの歴代出品作を中心に50年間の日本における絵本の歴史を振り返る。第2部は昨年のグランプリをはじめとする受賞作および日本からの出品作を展示し、絵本のイラストレーションの最新動向を紹介。展覧会全体で計81タイトル約300点を展示する。

出展作家は、赤羽末吉、あべ弘士、安野光雅、荒井良二、井上洋介、エレナ・オドリオゾーラ、酒井駒子、田島征三、たじまゆきひこ、長新太、丸木位里・丸木俊、松本大洋、ミロコマチコ、ローラ・カーリンら。

なお同展は岩手、千葉、足利、平塚を巡回する。詳細は各会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『BIB 50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の50年 これまでとこれから―』

浦和会場
2016年7月9日(土)~8月31日(水)
会場:埼玉県 うらわ美術館
時間:10:00~17:00(土、日曜は20:00まで、入館は閉場の30分前まで)
出展作家:
赤羽末吉
あべ弘士
安野光雅
荒井良二
井上洋介
エレナ・オドリオゾーラ
酒井駒子
田島征三
たじまゆきひこ
長新太
丸木位里・丸木俊
松本大洋
ミロコマチコ
ローラ・カーリン
ほか
休館日:月曜(ただし7月18日は開館)、7月19日
料金:一般610円 大高生410円
※中小生無料

岩手会場
2016年10月29日(土)~12月11日(日)
会場:岩手県 岩手県立美術館

千葉会場
2017年1月4日(水)~2月26日(日)
会場:千葉県 千葉市美術館

足利会場
2017年4月8日(土)~5月28日(日)
会場:栃木県 足利市立美術館

平塚会場
2017年7月8日(土)~8月27日(日)
会場:神奈川県 平塚市美術館

  • HOME
  • Art,Design
  • 世界最大級の絵本原画展から約300点を展示、日本の絵本史を回顧

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて