ニュース

シェルカウイ×少林寺僧侶×ゴームリーの舞台『sutra』、PR大使に森山未來

『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning

舞台『sutra』が、10月1日と2日に東京・渋谷のBunkamura オーチャードホール、10月5日に愛知・名古屋の愛知県芸術劇場、10月8日に福岡・北九州芸術劇場で上演される。

これまでに世界60都市で上演されている『sutra』は、『テ ヅカ TeZukA』『プルートゥ PLUTO』の演出・振付を手掛けたシディ・ラルビ・シェルカウイの主演・演出・振付による公演。中国・嵩山少林寺の僧侶19人による群舞とアクロバット、パーカッションや弦楽アンサブルのライブ演奏が融合したパフォーマンスとなる。ステージ上で変化する舞台セットは現代美術家のアントニー・ゴームリーが手掛けている。

ダンサーとして出演する僧侶たちは、嵩山少林寺で厳しい仏教の戒律に従って生活し、カンフーの修行を積んでいる現役僧侶。シェルカウイは2か月間にわたって嵩山少林寺に滞在し、彼らと共に同公演を作り上げた。初となる来日公演では、PRアンバサダーを森山未來が担当。10月1日夜公演終了後には森山とシェルカウイによるアフタートークが開催される。チケットは現在販売中だ。

森山未來のコメント

圧倒的な身体パフォーマンス、ジャンル分けを無効にする力強さ―常にアイヴィー(ツタ)のように対象に自然に絡みあい、みずみずしいものに仕立てるラルビが、少林寺の新たな文化に出会った純粋な喜びに満ち溢れたステージ。完成された作品世界や美術はもちろん、少林拳が新たな表現に昇華した衝撃をシンプルに感じるだけでも、全ての人が楽しめる作品だ。

イベント情報

『sutra』

演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
音楽:サイモン・ブルゾスカ
出演:
シディ・ラルビ・シェルカウイ
少林寺武僧

東京公演
2016年10月1日(土)、10月2日(日)全3公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamura オーチャードホール
料金:アクロバットシート12,000円 S席9,800円 U-25チケット5,000円
※アクロバットシートは前方席、特典付き

名古屋公演
2016年10月5日(水)全1公演
会場:愛知県 名古屋 愛知県芸術劇場 大ホール
料金:アクロバットシート12,000円 S席9,800円 A席7,800円 B席5,800円 学生3,000円
※アクロバットシートは前方席

北九州公演
2016年10月8日(土)全1公演
会場:福岡県 北九州芸術劇場 大ホール
料金:一般8,000円 ユース席4,000円 高校生〔的〕チケット1,500円 親子セット9,800円
※ユース席は24歳以下のみ購入可能

『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
『sutra』公演風景 ©Hugo Glendinning
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開