ジャズと落語を楽しむ『POPEYE』最新号に志の輔、山下洋輔ら登場

特集記事「ジャズと落語。」が、本日8月9日発売の『POPEYE No.833』に掲載されている。

同特集では、ジャズと落語が「スタンダード」「古典」といった型がありながら、個々の演奏者や噺家がアドリブで一度限りの「瞬間」を生み出すという共通点を持っていることに注目。ジャズと落語を体感することをテーマに据えた記事を展開している。

巻頭ではジャズ好きの落語家・立川志の輔と、落語好きのジャズミュージシャン・山下洋輔のインタビューを掲載。また清水ミチコや中島歩のエッセイ、みうらじゅん、藤原ヒロシ、満島真之介、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、滝口悠生ら30人に取材した記事「僕の好きなジャズと落語」、ピーター・バラカンや東出昌大へのインタビューも掲載している。さらに「ジャズと落語の街へ行こう」をテーマに据えた記事では、新宿、神保町、渋谷、浅草、野毛の街を紹介しているほか、ジャズと落語にまつわる書籍なども取り上げている。

書籍情報

『POPEYE No.833』

2016年8月9日(火)発売
価格:780円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • ジャズと落語を楽しむ『POPEYE』最新号に志の輔、山下洋輔ら登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて