カラックス、カサヴェテスら6監督の処女作を上映『巨匠、誕生の瞬間』

特集上映『巨匠、誕生の瞬間~デビュー作から見えてくるもの』が、8月20日から兵庫・神戸の元町映画館で開催される。

元町映画館の開館6周年を記念して企画された同イベント。国内外の監督の長編デビュー作を上映する。

上映作品は、黒沢清監督の『神田川淫乱戦争』、ジャ・ジャンクー監督の『一瞬の夢』、レオス・カラックス監督の『ボーイ・ミーツ・ガール』、アキ・カウリスマキ監督の『罪と罰』、ジョン・カサヴェテス監督の『アメリカの影』、ベルナルド・ベルトルッチ監督の『殺し』の6作品となる。各作品の上映スケジュールは元町映画館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『巨匠、誕生の瞬間~デビュー作から見えてくるもの』

2016年8月20日(土)~9月2日(金)
会場:兵庫県 神戸 元町映画館

上映作品:
『神田川淫乱戦争』(監督:黒沢清)
『一瞬の夢』(監督:ジャ・ジャンクー)
『ボーイ・ミーツ・ガール』(監督:レオス・カラックス)
『罪と罰』(監督:アキ・カウリスマキ)
『アメリカの影』(監督:ジョン・カサヴェテス)
『殺し』(監督:ベルナルド・ベルトルッチ)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • カラックス、カサヴェテスら6監督の処女作を上映『巨匠、誕生の瞬間』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて