「PFFアワード」最終審査員に野田洋次郎、荻上直子、沖田修一ら5人

『第38回ぴあフィルムフェスティバル』のコンペティション部門「PFFアワード2016」の最終審査員が発表された。

映画監督の登竜門としても知られる「PFFアワード」。483本の応募から選ばれた入選作品20本を上映し、最終審査を経てグランプリを含む各賞を決定する。

20本の中からグランプリを決定する最終審査員となるのは、『永遠の0』『岸辺の旅』などを手掛けた映画プロデューサーの遠藤日登思、『モヒカン故郷に帰る』などの沖田修一監督、『かもめ食堂』などの荻上直子監督、編集者の佐渡島庸平(コルク)、『トイレのピエタ』で映画主演を果たした野田洋次郎(RADWIMPS)。グランプリを含む各賞は数時間にわたる討議を経て決定され、『第38回ぴあフィルムフェスティバル』の最終日となる9月23日に発表される。

イベント情報

『第38回ぴあフィルムフェスティバル』

2016年9月10日(土)~9月23日(金)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール、小ホール

「PFFアワード」
最終審査員:
遠藤日登思
沖田修一
荻上直子
佐渡島庸平(コルク)
野田洋次郎(RADWIMPS)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「PFFアワード」最終審査員に野田洋次郎、荻上直子、沖田修一ら5人

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて