荻上直子

Total 28 Posts

1972年、千葉県生まれ。映画監督、脚本家。千葉大学工学部画像工学科卒業。1994年に渡米し、南カリフォルニア大学大学院映画学科で映画製作を学び、2000年に帰国。2004年に劇場デビュー作『バーバー吉野』でベルリン映画祭児童映画部門特別賞受賞。ほかにも、2007年の『めがね』でベルリン国際映画祭マンフレート・ザルツゲーバー賞、2017年の「彼らが本気で編むときは、」で日本初のベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞など、受賞多数。他の監督作に『かもめ食堂』『トイレット』、著書に『モリオ』などがある。今年(2021年)、自身の原作小説を映画化した『川っぺりムコリッタ』の公開が控えている。

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて