野田洋次郎らが選んだ「PFFアワード」受賞6作をオールナイトで一挙上映

オールナイト上映イベント『PFFアワード2016受賞作オールナイト in テアトル新宿』が、10月29日に東京・テアトル新宿で開催される。

『ぴあフィルムフェスティバル』のコンペティション部門「PFFアワード2016」の受賞作品を一挙上映する同イベント。今年の「PFFアワード」では、最終審査員を遠藤日登思、沖田修一、荻上直子、佐渡島庸平(コルク)、野田洋次郎(RADWIMPS)が務め、9月23日に各賞の受賞作品が発表された。

今回上映されるのは、準グランプリ含む3部門で賞を受けた『花に嵐』、観客賞受賞の『ヴァニタス』、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)と審査員特別賞を受賞した『また一緒に寝ようね』、審査員特別賞受賞の『シジフォスの地獄』『溶ける』、エンタテインメント賞(ホリプロ賞)受賞の『DRILL AND MESSY』の6作品。当日は受賞監督が登壇するトークイベントも開催される。

なお『花に嵐』と「PFFアワード2016」グランプリ受賞作『食卓』は、11月1日に『第29回東京国際映画祭』で上映される予定だ。詳細はぴあフィルムフェスティバルのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『PFFアワード2016受賞作オールナイト in テアトル新宿』

2016年10月29日(土) 会場:東京都 テアトル新宿
上映作品: 『花に嵐』(監督:岩切一空) 『ヴァニタス』(監督:内山拓也) 『シジフォスの地獄』(監督:伊藤舜) 『DRILL AND MESSY』(監督:吉川鮎太) 『溶ける』(監督:井樫彩) 『また一緒に寝ようね』(監督:首藤凜) 料金:一般2,500円 学生2,000円
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 野田洋次郎らが選んだ「PFFアワード」受賞6作をオールナイトで一挙上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて