エリア・スレイマン監督『天国にちがいない』に荻上直子、深田晃司ら賛辞

映画『天国にちがいない』に寄せた著名人コメントが到着した。

エリア・スレイマンが監督・脚本・主演を務める同作は『第72回カンヌ国際映画祭』で特別賞と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞し、『第92回アカデミー賞』国際長編映画賞パレスチナ代表に選出された最新作。新作の企画を売り込むため、故郷イスラエル・ナザレからフランス・パリ、アメリカ・ニューヨークへと旅に出たエリア・スレイマン監督が、パレスチナへの愛と苦悩、世界の混迷と人間の愛おしさを描く。公開は1月29日。

コメントを寄せたのは、荻上直子、小堺一機、深田晃司、鎌田實、松尾貴史、池澤夏樹、山下敦弘。

荻上直子のコメント

パレスチナ人としての複雑なイタミを独特なユーモアに包んで提示している。だから余計に、彼の無言が切なく刺さる。

小堺一機のコメント

余白が活字より饒舌な詩集の様!
絵と音に心を委ね浮遊感を楽しむ、幸福な102分!

深田晃司のコメント

スレイマンと旅する世界は白々しいほど美しくユーモラスで残酷。小鳥が必見!完全にスレイマン世界の住人になりきっていてビビるしかない。徴は至るところに。

鎌田實のコメント

凝縮された言葉。映画は映像が勝負と言わんばかり。
こんなパレスチナ映画、みたことない!
故郷、国家、平和、世界、命…、大切にしようと思った。

松尾貴史のコメント

ポーカーフェイスではない、内心の動きが手に取るようにわかる雄弁なスレイマンの無表情は、罪作りなおかしみで笑いを誘ってくる。

池澤夏樹のコメント

映像のコントをたくさん積み上げる。
その向こうに見えないパレスチナが幻視される。

山下敦弘のコメント

今までエリア・スレイマンの作品を知らなくて損した気分になりました。まだまだ映画は面白いと思わせてくれる必見の映画。

市山尚三(東京フィルメックス)のコメント

観客を途轍もない幸福感に導きつつ、パレスチナ問題についての鋭い批評を投げかける。現代映画の最高峰に位置する傑作だ。

作品情報

『天国にちがいない』

2021年1月29日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督・脚本:エリア・スレイマン 出演: エリア・スレイマン ガエル・ガルシア・ベルナル タリク・コプティ アリ・スレイマン 上映時間:102分 配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス
  • HOME
  • Movie/Drama
  • エリア・スレイマン監督『天国にちがいない』に荻上直子、深田晃司ら賛辞

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて