黒沢清、吉田大八、石井裕也ら登壇 日本映画の上映イベントに8作品

『第18回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち』が3月16日から18日まで埼玉・所沢市民文化センターミューズで開催される。

「日本映画を観ることの楽しさを再発見する」ことを目的に、日本映画を上映する同イベント。会場となるマーキーホールはイギリスにある劇場のスワン座を参考に設計され、ミュージカルやオペラ、バレエなどの舞台公演を多く行なっている。

上映作品は、のんが主演声優を務めた『この世界の片隅に』、『第70回カンヌ国際映画祭』「ある視点」部門に出品された黒沢清監督の『散歩する侵略者』、『第91回キネマ旬報ベストテン』に輝いた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』をはじめ、『彼らが本気で編むときは、』『永い言い訳』『サバイバルファミリー』『人生フルーツ』『美しい星』の全8作品。

作品上映後には、監督によるQ&Aとサイン会を実施。ゲストに荻上直子監督、矢口史靖監督、黒沢清監督、伏原健之監督、石井裕也監督、吉田大八監督が名を連ねている。上映スケジュールなどの詳細は会場のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第18回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち』

2018年3月16日(金)~3月18日(日) 会場:埼玉県 所沢市民文化センターミューズ マーキーホール
上映作品: 『この世界の片隅に』(監督:片渕須直) 『彼らが本気で編むときは、』(監督:荻上直子) 『永い言い訳』(監督:西川美和) 『サバイバルファミリー』(監督:矢口史靖) 『散歩する侵略者』(監督:黒沢清) 『人生フルーツ』(監督:伏原健之) 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(監督:石井裕也) 『美しい星』(監督:吉田大八) 料金:1回券800円 16日券1,300円 17日・18日券2,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 黒沢清、吉田大八、石井裕也ら登壇 日本映画の上映イベントに8作品

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて