スタジオカラー×舞城王太郎の長編アニメ『龍の歯医者』、BSで放送

スタジオカラーによる長編アニメーション『龍の歯医者』が、2017年2月にNHK BSプレミアムで放送される。

同作は、庵野秀明が代表を務めるスタジオカラーとドワンゴによる短編映像シリーズ企画『日本アニメ(ーター)見本市』の第1話として制作された舞城王太郎監督・原案・脚本の『龍の歯医者』を長編化した作品。「龍の国」を舞台に、国の守護神「龍」を虫歯菌から守る新人歯医者の野ノ子と、龍の歯から生き返った少年ベルの姿を描く冒険ファンタジーだ。

脚本は舞城が脚本家・榎戸洋司と共に共同で執筆。アニメーション制作はスタジオカラー、監督を鶴巻和哉が手掛け、キャラクターデザインは井関修一が担当している。また制作統括および音響監督を庵野秀明が務める。

番組情報

『龍の歯医者』

2017年2月からNHK BSプレミアムで放送

監督:鶴巻和哉
原作:舞城王太郎
脚本:舞城王太郎、榎戸洋司
キャラクターデザイン:井関修一
アニメーション制作:スタジオカラー

  • HOME
  • Movie,Drama
  • スタジオカラー×舞城王太郎の長編アニメ『龍の歯医者』、BSで放送

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて