『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』ドラマ化、大島美幸&安藤なつが双子役

マキヒロチの漫画『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』がドラマ化され、10月14日からテレビ東京、テレビ大阪で放送される。

『いつかティファニーで朝食を』などの作品を発表しているマキヒロチ。『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』は、「住みたい街ナンバーワン」とされる吉祥寺の街を舞台に、重田不動産を切り盛りする双子姉妹が、様々な悩みを抱えて店を訪れる客を翻弄しながら、その成長を見守る様を描く。

主人公の「重田ツインズ」を演じるのは大島美幸(森三中)と安藤なつ(メイプル超合金)。ドラマの中で彼女たちが訪れる店や内見する部屋には実際に存在する店や家が使用されるほか、劇中で重田ツインズやお店の客が触れ合うのも実際にその街で暮らす人々となる。

監督を務めるのは『植物男子ベランダー』の望月一扶、菅井祐介、演劇ユニット「ブス会*」を主宰するペヤンヌマキ。脚本は映画『すべては海になる』『犬に名前をつける日』で監督・脚本を手掛けた山田あかねが担当する。オフィシャルサイトでは大島、安藤のコメントが公開中だ。

番組情報

『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

2016年10月14日(金)から毎週金曜24:52~25:23にテレビ東京、テレビ大阪で放送

監督:望月一扶、菅井祐介、ペヤンヌマキ
脚本:山田あかね
原作:マキヒロチ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(講談社)
出演:
大島美幸(森三中)
安藤なつ(メイプル超合金)
ほか

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』ドラマ化、大島美幸&安藤なつが双子役

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて