ニュース

『DOMANI・明日展 PLUS』京都で初開催、「旅」テーマに4作家が参加

宮永愛子『waiting for awakening –suitcase-』2013, Naphthalene, resin, sealing wax, mixed media, photo by KIOKU Keizo
宮永愛子『waiting for awakening –suitcase-』2013, Naphthalene, resin, sealing wax, mixed media, photo by KIOKU Keizo

展覧会『DOMANI・明日展 PLUS×京都芸術センター ―文化庁新進芸術家海外研修制度の成果「ワームホール・トラベル―ゆらぐ時空の旅―」』が、9月17日から京都・京都芸術センター ギャラリー北、南で開催される。

同展は、文化庁による「新進芸術家海外研修制度」の成果発表展として1998年から東京で行なわれている『DOMANI・明日展』の関連企画『DOMANI・明日展PLUS』の一環で開催。『DOMANI・明日展』よりも小規模なテーマ展示となる『DOMANI・明日展PLUS』は昨年からスタートし、今回初めて東京以外の都市で開催される。

展覧会のテーマは「旅」。新進芸術家海外研修制度による海外研修をはじめ、様々な国や地域を移り住みながら制作活動を行なってきた4作家の作品を発表する。

出展作家は、ナフタリンや塩、陶器の貫入音、葉脈などを用いたインスタレーションを発表している宮永愛子、映像やドローイング、インスタレーション、パフォーマンスといった幅広い領域で活動する小金沢健人、回転や循環を取り入れたインスタレーションや、立体、絵画を制作している鬼頭健吾、現実と架空の間を行き来する物語世界を作品によって表現している長坂有希。

会期中には出展作家4人によるトークイベントや、長坂によるパフォーマンスなどを開催。詳細は京都芸術センターのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『DOMANI・明日展 PLUS×京都芸術センター ―文化庁新進芸術家海外研修制度の成果「ワームホール・トラベル―ゆらぐ時空の旅―」』

2016年9月17日(土)~10月16日(日)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー北、南

時間:10:00~20:00(10月1日は22:00まで)
出展作家:
宮永愛子
小金沢健人
鬼頭健吾
長坂有希
料金:無料

小金沢健人『Graffiti of Velocity』2008, installation, video projector, no sound, photo by SATO Misaki
小金沢健人『Graffiti of Velocity』2008, installation, video projector, no sound, photo by SATO Misaki
鬼頭健吾『Interstellar』2016, canvas, acrylic paint, glitter, spray, LED, photo by OKAWARA Hikari
鬼頭健吾『Interstellar』2016, canvas, acrylic paint, glitter, spray, LED, photo by OKAWARA Hikari
長坂有希『手で掴み、形作ったものは、その途中で崩れ始めた。最期に痕跡は残るのだろうか。00_景色、01_アンガス』2014, project, photo by YAMAMOTO Tadasu ©Aomori Contemporary Art Centre, Aomori Public University
長坂有希『手で掴み、形作ったものは、その途中で崩れ始めた。最期に痕跡は残るのだろうか。00_景色、01_アンガス』2014, project, photo by YAMAMOTO Tadasu ©Aomori Contemporary Art Centre, Aomori Public University
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察