ラース・フォン・トリアーの甥が監督、カンヌ出品『母の残像』11月公開

映画『母の残像』が、11月26日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

同作は、ラース・フォン・トリアー監督をおじに持つヨアキム・トリアーの監督作。初めての英語作品となり、『第68回カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門に出品された。

物語の舞台は著名な戦争写真家であったイザベルの不可解な死から3年後。イザベルの回顧展の準備のために集まった息子のジョナとコンラッド、夫のジーンが、準備を進めるうちに明らかになるイザベルの知られざる一面や秘密に直面する、というあらすじだ。

キャストには、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーンらが名を連ねている。製作には『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が参加している。

作品情報

『母の残像』

2016年11月26日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開

監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト、ヨアキム・トリアー
出演:
ガブリエル・バーン
ジェシー・アイゼンバーグ
イザベル・ユペール
デヴィン・ドルイド
デヴィッド・ストラザーン
配給:ミッドシップ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ラース・フォン・トリアーの甥が監督、カンヌ出品『母の残像』11月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて