『写真新世紀』受賞作品展、過去最多1723組から選出された作品群展示

『写真新世紀 東京展2016』が、10月29日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンによる公募企画『写真新世紀』の受賞作品展となる同展。過去最多となる1723組の応募から選出された優秀賞受賞者7人と佳作受賞者14人の作品を展示する。あわせて昨年度のグランプリ受賞者である迫鉄平の新作個展『剣とサンダル』が同時開催される。

会期中の11月11日には、今年度のグランプリを選出する公開審査会を実施。当日はグランプリ候補者7人による作品のプレゼンテーションや審査員との質疑応答が行なわれる。また参加作家によるトークや、審査員、学芸員によるポートフォリオレビュー、レクチャーなどの関連イベントも予定している。詳細は『写真新世紀』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『写真新世紀 東京展2016』

2016年10月29日(土)~11月20日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1F 展示室

時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで)
出展作家:
河井菜摘
金サジ
金玄錫
櫻胃園子
高島空太
松井祐生
松浦拓也
ほか
休館日:月曜
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 『写真新世紀』受賞作品展、過去最多1723組から選出された作品群展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて