カオス*ラウンジの「市街劇」第2弾、いわきの平地区巡る『地獄の門』

展覧会『カオス*ラウンジ新芸術祭2016 市街劇「地獄の門」』が、9月17日から福島・いわきのもりたか屋ほか複数の会場で開催される。

同展は寺山修司の「市街劇」をオマージュし、福島・いわきの平地区をツアー形式で巡回する芸術祭『カオス*ラウンジ新芸術祭』の第2弾。昨年に前近代のいわきを題材にしたことを受け、今回は近現代のいわきに視線を向けた作品群が公開されるという。キュレーションと演出は、昨年に続いて黒瀬陽平が務める。

参加アーティストは、秋山佑太、井田大介、一輪社、井戸博章、梅沢和木、梅田裕、岸井大輔、ク渦群、後藤拓朗、サエボーグ、酒井貴史、竹下昇平、竹下晋平、X会とパープルーム、藤城嘘、吉田重信、KOURYOUとサイト制作チームの17組。

期間中にはトークイベントが行なわれるほか、いわきの小名浜地区を巡る展覧会『市街劇「小名浜竜宮」』も同時開催される。詳細はカオス*ラウンジのオフィシャルサイトでチェックしよう。

イベント情報

『カオス*ラウンジ新芸術祭2016 市街劇「地獄の門」』

2016年9月17日(土)~10月10日(月・祝)
会場:福島県 いわき もりたか屋ほか

時間:11:00~19:00
キュレーション・演出:黒瀬陽平
参加作家:
秋山佑太
井田大介
一輪社
井戸博章
梅沢和木
梅田裕
岸井大輔
ク渦群
後藤拓朗
サエボーグ
酒井貴史
竹下昇平
竹下晋平
X会とパープルーム
藤城嘘
吉田重信
KOURYOUとサイト制作チーム
休場日:平日
料金:1,000円
※高校生以下は無料

  • HOME
  • Art,Design
  • カオス*ラウンジの「市街劇」第2弾、いわきの平地区巡る『地獄の門』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて