『京都国際映画祭』に森達也や小津安二郎監督作、多彩なアート企画も

『京都国際映画祭2016』が10月13日から京都市内各会場で開催される。

1999年から開催されてきた『京都映画祭』を前身とし、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに掲げている『京都国際映画祭』。3回目となる今回はキャッチコピーを「京都上ル上ル」として、映画や映像作品、アート作品などを紹介する。

上映作品は、スティーブン・オカザキ監督の『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』、森達也監督の『A』『A2 完全版』『FAKE』、チャールズ・チャップリンや小津安二郎監督のサイレント映画など。参加アーティストには、Yotta、永井英男、蛭子能収、Sato、明和電機、倉方俊輔、遠藤秀平、林勇気、ジャン=リュック・ヴィルムート、河原シンスケ、トルステン・ブリンクマン、Chocomoo、中島麦、レイザーラモンRGらが名を連ねている。

また伝統技能職人によるワークショップなども開催。各プログラムの詳細は『京都国際映画祭2016』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『京都国際映画祭2016』

2016年10月13日(木)~10月16日(日)
会場:京都府 よしもと祇園花月、京都市役所前広場、元・立誠小学校、旧嵯峨御所 大本山 大覚寺 西本願寺、京都伝統産業ふれあい館、京都国立博物館、元離宮二条城ほか

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『京都国際映画祭』に森達也や小津安二郎監督作、多彩なアート企画も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて