山内ケンジ率いる城山羊の会、新作は「とにかく自己紹介ばかりする話」

城山羊の会の舞台『自己紹介読本』が12月1日から東京・下北沢の小劇場B1で上演される。

城山羊の会は『トロワグロ』で『第59回岸田國士戯曲賞』を受賞した山内ケンジが主宰する演劇ユニット。山内はCMディレクターとしてソフトバンクのCMシリーズ「白戸家」を手掛けたことでも知られている。

『自己紹介読本』は、前作『水仙の花』以来約1年ぶりの新作公演となる。出演者は初音映莉子、浅井浩介、岡部たかし、富田真喜、岩本えり、松澤匠、岩谷健司。作・演出を務める山内は同作について「とにかく自己紹介ばかりする話を書いてみたい、と思うようになりました」とコメントしている。チケットは10月22日10:00に発売。

山内ケンジのコメント

「自己紹介をさせてください。かまいませんか?」
「はあ」
「ありがとうございます。私は…」
というようなことは、時々あることです。
しかし、めったにない、という人も多いです。
毎日既知の人とだけ会ってその日が終わる場合も多いから。私がそうです。
なので、時にはあり得るこの自己紹介は、やはり新しい世界であり、非日常であり、とてつもない冒険でもあります。
というわけで、とにかく自己紹介ばかりする話を書いてみたい、と思うようになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

イベント情報

城山羊の会
『自己紹介読本』

2016年12月1日(木)~12月11日(日)全14公演
会場:東京都 下北沢 小劇場B1

作・演出:山内ケンジ
出演:
初音映莉子
浅井浩介
岡部たかし
富田真喜
岩本えり
松澤匠
岩谷健司
料金:前売3,500円 当日4,000円
※早期観劇割引前売3,000円

  • HOME
  • Stage
  • 山内ケンジ率いる城山羊の会、新作は「とにかく自己紹介ばかりする話」

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて