ニュース

村上虹郎×YJYゆう姫が共演、「生と死」「性と命」描く映像作『KAMUY』

『KAMUY』
『KAMUY』

ショートフィルム『KAMUY』が、10月29日と30日に東京・代官山のヒルサイドプラザで上映される。

『KAMUY』は、生と死、性と命をテーマに据えた映像作品。出演者には村上虹郎、ゆう姫(Young Juvenile Youth)が名を連ねている。主題歌はYoung Juvenile Youth“A Way Out”。劇中音楽は小野雄紀と、Young Juvenile YouthのメンバーであるJEMAPURが担当する。

監督を務めたのはサカナクション、RADWIMPSらのPV、CMなどを手掛けてきたショウダユキヒロ。スタッフとして特殊メイクアーティストのJIRO、スタイリストの伏見京子、CG制作チームのAnimationCafeらが参加しているほか、会場では現代アーティスト・三嶋章義が『KAMUY』の世界観をイメージして制作したという作品が展示される。なお同作を上映するスクリーンは会場の天井に設置され、観客は映像を仰向けになって鑑賞する。

村上虹郎のコメント

YJYは今作品に関わる前からずっとかっこいいなと思って聴いていたので嬉しかったです。この作品を作る上でかかせないCGや、カメラワークもですが衣装も全て1からつくりあげたもので、この服はおれ以外の誰も着たことないんだってウキウキしました。撮影する前に、この作品はいわゆる王道の“MV”の型から外れて、10分程の自由な尺の中で、自分は兵士で、時代も人種も不明で、妊娠と出産をする、ということを事前に聞いていて、これは凄い、絶対に楽しいものになる、という実感はありました。ただ、その分現場も壮絶でしたが。。。

ゆう姫(Young Juvenile Youth)のコメント

ショウダ監督との出会いは偶然で、必然だったと感じています。柄にもなく私から猛烈にアタックをして、一緒に作品を作れることが出来て本当に最高でした。監督をはじめ、携わってくれたチームのみんなのアイディアが凝縮されていて、YJYとして音楽で参加出来るだけでなく、虹郎さんとも共演出来て、本当に幸せでした。この作品がたくさんの方の感性に触れることを期待しています。

JEMAPUR(Young Juvenile Youth)のコメント

ショウダ監督とご一緒させて頂くのは本作がはじめてで、脚本や設定を作る段階から密に関わらせて頂いたのですが、まず驚いたのはショウダ監督の想像力のブラックホール加減です。言語が伝達ツールとして如何に脆弱かということを目の当たりにしつつ、感覚を超越したそのイメージの世界から受けるインスピレーションは膨大で、サウンドデザインをしていく過程はとても直感的で刺激的でした。本作ではメロディやハーモニーは極限まで抑制して、音そのものの質感、響き、時間軸の変化に伴う音量変化など、微細なコントロールによって世界の移り変わりを表現しました。今、私たちが生きている世界は、執拗に不安や危機を煽り、著しくバランスを欠いた時代遅れな経済システムを維持する消費行動の為だけにデザインされ、内部から溢れ出る本質的な思考が抑圧されているように思います。果たして、道はそちらにしか無いのだろうか?

ショウダユキヒロ監督のコメント

去年の秋頃、Young Juvenile Youthの2人と一緒に何か楽しい事がやりたいね、という雑談のような所からスタートしたプロジェクトです。作品を作ってどのように見てもらうかまで提案する実験的な試みではありますが、一流アーティスト達が本気で手がけた一流の遊びを、見に来て体感してもらえると嬉しいです。

作品情報

『KAMUY』

2016年10月29日(土)、10月30(日)に代官山ヒルサイドプラザで上映

監督:ショウダユキヒロ
主題歌:Young Juvenile Youth“A Way Out”
音楽:JEMAPUR、小野雄紀
出演:
村上虹郎
ゆう姫(Young Juvenile Youth)
配給:NION

『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
『KAMUY』
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問