冨士山アネットの世界ツアー作品が横浜で凱旋公演、「多様性」を描く

冨士山アネットの公演『ATTACK ON DANCE』が、10月20日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで上演される。

冨士山アネットは演出家・振付家の長谷川寧によるユニット。独自の手法「ダンス的演劇」による作品を発表しており、2月と3月には出演者のいない観客参加型の公演『DANCE HOLE』を上演した。また海外公演や国際共同制作を行なうなど、国内外で活動している。

『ATTACK ON DANCE』は昨年に初演された公演の再演となり、9月の中国・北京公演、10月のブラジル・サンパウロ公演を経て上演。「多様性」をテーマに据えており、初演時とは異なる要素も盛り込まれる。横浜公演のために選出された、コンテンポラリー、ジャズ、ストリート、社交ダンスなどのジャンルで活動するダンサー10人が出演する。

なお一部の公演では、野口量や松江哲明を迎えたポストパフォーマンストークが行なわれる予定だ。詳細は冨士山アネットのオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現在販売中。

イベント情報

KAATダンスシリーズ
冨士山アネット『ATTACK ON DANCE』

2016年10月20日(木)~10月23日(日)全6公演 会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
構成・演出・振付:長谷川寧 振付・出演: 兎かな?ウーシャカ 葛原敦嘉 久保佳絵 斉藤ケン 佐藤美玖 田村興一郎 KAIYA NISHIMURA 幅田彩加 風花 日置あつし 料金:前売3,000円 当日3,500円 学生2,500円(要学生証)

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 冨士山アネットの世界ツアー作品が横浜で凱旋公演、「多様性」を描く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて