長新太の漫画作品集『これが好きなのよ』、刊行記念の原画展も

長新太の漫画作品集『これが好きなのよ 長新太マンガ集』が10月26日に刊行される。

2005年に逝去した漫画家、絵本作家の長新太。『はるですよ ふくろうおばさん』『キャベツくん』『ごろごろにゃーん』といったナンセンスな作風の絵本をはじめ、漫画、イラストレーション、エッセイなど幅広い分野で活動した。

『これが好きなのよ 長新太マンガ集』には、雑誌『話の特集』の連載作品や単行本未収録作品、エッセイなどを収録。装丁は祖父江慎+藤井瑶(コズフィッシュ)が手掛け、帯には谷川俊太郎、糸井重里が推薦文を寄せている。

なお同書の刊行を記念した原画展が、10月19日から東京・渋谷のNADiff modern、10月20日から荻窪のTitle、11月3日から幡ヶ谷のパールブックショップ&ギャラリーで開催される。パールブックショップ&ギャラリーでは11月11日に同書の責任編集を務めた土井章史(トムズボックス)のトークイベントを予定。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 長新太の漫画作品集『これが好きなのよ』、刊行記念の原画展も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて