大阪の美術家集団プレイ初の美術館個展、約50年の活動の全貌に迫る

展覧会『THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ』が、10月22日から大阪・中之島の国立国際美術館で開催される。

1967年から関西を拠点に活動している美術家集団プレイ。現在は池水慶一、小林愼一、鈴木芳伸、二井清治、三喜徹雄の5人が中心となっているが、メンバーは流動的でこれまでに参加した作家は100人を超えるという。形に残る作品を作るのではなく、自然の中で体験する「行為」を重視し、発泡スチロール製のイカダで川を下る、京都から大阪に羊を連れて旅をする、山頂に丸太材で一辺約20メートルの三角塔を建て、雷が落ちるのを10年間待つといった「行為」を計画してきた。

プレイにとって美術館では初の個展となる同展。2011年に制作した『ナカノシマ 現代美術の流れ』のための発泡スチロール製のイカダや、2015年の『IE Picnic : THE PLAY HAVE A HOUSE』で再建した家、1977年から10年間取り組んだ『雷』で建設した三角塔の縮小復元版などを展示する。なお三角塔は国立国際美術館の2階分の高さを越えるという。さらに印刷物や写真、映像、音声などの未公開資料を紹介。

会期中にはアーティストトークやシンポジウムなどを開催する。詳細は国立国際美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ』

2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日) 会場:大阪府 中之島 国立国際美術館 地下2階展示室
時間:10:00~17:00、金、土曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(1月9日は開館)、12月28日~1月4日、1月10日 料金:一般430円 大学生130円 ※高校生以下、18歳未満、65歳以上、心身に障がいのある方とその付添者1名は無料 ※毎週金曜19:00~20:00、土曜17:00~20:00は観覧料無料 ※11月3日、11月5日、11月19日、11月20日、12月3日、1月7日は無料観覧日
  • HOME
  • Art,Design
  • 大阪の美術家集団プレイ初の美術館個展、約50年の活動の全貌に迫る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて