ニュース

『&Premium』で50人が「チャーミングなひと。」を紹介、映画の女性たちも

特集記事「チャーミングなひと。」が、本日10月20日発売の『&Premium no.36』に掲載されている。

同特集では、様々な分野で活動する50人が推薦する「チャーミングなひと」を紹介。推薦者には岡本仁、岡田利規、YeYe、BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)、山内マリコ、青野賢一、死後くん、穂村弘、高山エリ、大森仔佑子、伊藤ゴロー、名久井直子、大根仁、森栄喜、辛酸なめ子、植本一子らが名を連ねている。

さらに西加奈子が「チャーミングな3人」に会いに行く記事や、藤野可織、ほしよりこによるショートストーリーなどが掲載されるほか、映画に登場する女性たちの仕草やファッション、髪型やメイクに注目するとじ込み冊子「映画の中のチャーミング。」が付属する。

『&Premium no.36』表紙
『&Premium no.36』表紙
『&Premium no.36』より
『&Premium no.36』より
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)