新商業施設「GINZA SIX」4月開店、草間彌生やチームラボの作品展示

東京・銀座6丁目で建設が進む商業施設の詳細が発表された。

2017年4月20日にオープンする同施設の名称は「GINZA SIX」。延床面積約148700平方メートルの銀座エリア最大級の商業施設となり、地下2階から13階のフロアに241店舗が出店する。コンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」。ブランドスローガンには「Where Luxury Begins 世界が次に望むものを」というコピーを掲げる。ロゴデザインは原研哉が担当。

館内各所には国内外のアーティストによるアート作品を展示。施設の中心部に位置する巨大な吹き抜けは森美術館館長の南條史生が監修する現代アートの展示空間となり、オープニング展示として草間彌生によるインスタレーションが展開される。また館内2か所にある高さ約12メートルの壁面には対となる2作品を展示。植物学者でアーティストのパトリック・ブランとチームラボがそれぞれ作品を手掛ける。

さらに上顧客のためのラウンジ「LOUNGE SIX」の空間デザインは新素材研究所の杉本博司と榊田倫之が担当。共用部のインテリアデザインはフランス出身のデザイナーであるグエナエル・ニコラ(CURIOSITY)、基本設計と外観のデザインは谷口吉生が手掛けている。

  • HOME
  • Art,Design
  • 新商業施設「GINZA SIX」4月開店、草間彌生やチームラボの作品展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて