A Tribe Called Questの18年ぶり新アルバムが11月発売、最後のアルバムに

A Tribe Called Questのニューアルバムが11月11日にリリースされることがわかった。

1990年にデビューアルバム『People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm』を発表し、ジャズやソウル、ファンク、ロックなど多様なジャンルの音楽サンプリングしたサウンドで、ニュースクールヒップホップの中核を担ったA Tribe Called Quest。1998年にアルバム『The Love Movement』をリリースした後に解散したが、2000年代に入って何度か再結成していた。また今年3月にメンバーのPhife Dawg(MC)が逝去している。

新作は『The Love Movement』以来、約18年ぶりのオリジナルアルバム。今回の発表とあわせてQ-Tip(MC)による直筆のメッセージが公開され、リリースの経緯や同作がA Tribe Called Questの最後のアルバムになることが明かされている。

Q-Tipのコメントのコメント

世界中の素晴らしい人々へ
みんな元気で、平穏に過ごしているかい?
昨年、俺、ジャロビ、アリ、ファイフの4人は『The Tonight Show』へ初出演し、キャリア18年で初めてのTVパフォーマンスを経験した。
あの夜、俺たちはしばらく体験したことのない素晴らしいエネルギーを感じたんだ。
そしてその夜は、パリの同時多発テロがあった日でもあった。11月13日の金曜日、NYは季節外れの暖かい夜だった。
出演を終えて、俺だけじゃなく、全員が思ったんだ。“スタジオに戻って一刻も早くレコーディングに取り掛かるべきだ”ってね。それですぐに実行に移したんだ!
レコーディングがほぼ終わった頃に、みんなも知っているように俺たちの”ブラザー”が3月22日に亡くなってしまった。でもファイフは、俺たちにこの先の青写真を残してくれたんだ。
それで俺たちはもう一度集まり、仲間のバスタ・ライムスやコンシークエンスも呼んで、あるものを完成させた!そう、ア・トライブ・コールド・クエストの最後のアルバムだ!
ここに収録されているのは、ファイフの古いバースや未収録音源じゃない。彼の新録音源だ。
そして遂に、2016年11月11日、俺たちの“Path Of Rhythm”が完結する。
みんなにも見届けてほしい!

  • HOME
  • Music
  • A Tribe Called Questの18年ぶり新アルバムが11月発売、最後のアルバムに

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて