ニュース

いとうせいこうPの『業界くん物語』、宇多丸やレキシらが初CD化にコメント

V.A.『業界くん物語』ジャケット
V.A.『業界くん物語』ジャケット

11月30日にリリースされるCDアルバム『業界くん物語』に寄せた著名人のコメントが公開された。

同作は1985年にいとうせいこうのプロデュースによってLPでリリースされた『業界くん物語』を初めてCD化するもの。『業界くん物語』にはいとうによる“業界こんなもんだラップ”をはじめとする全13曲が収められ、いとうに加えてヤン富田、藤原ヒロシ、高木完、屋敷豪太、DUB MASTER X、ちわきまゆみ、シティボーイズ、竹中直人、久本雅美、ふせえり、ナンシー関らが参加アーティストに名を連ねた。CD盤にはボーナストラックが2曲収録される。

コメントを寄せたのは宇多丸(RHYMESTER)、高木完、竹中直人、屋敷豪太、やや、レキシの6組。宇多丸は“業界こんなもんだラップ”について「企画物の皮を被った、これぞ真の『日本のヒップホップ史はじまりのうた』!」と賛辞を送っているほか、レキシは「レキシはこの方々から多大な影響を受けていると言っても華厳の滝、いや過言ではない、つって」とコメントしている。

宇多丸(RHYMESTER)のコメント

明白に五七五調からの脱却を意図したフロウと、完全に「ラッパーモード」の安定した発声(しかも、『The Show』由来の対照的な2種のスタイルを使い分けている!)。その上、ヒューマンビートボックスからスクラッチバトルまで、その時点でできることすべてがこの一曲(「業界こんなもんだラップ」)にブチ込まれてるのだから……企画物の皮を被った、これぞ真の「日本のヒップホップ史はじまりのうた」!

高木完のコメント

ギョ!ギョーカイ!入ればこんなもんだ!!!
ノベルティレコードのようでありながら、
実はリアルなストーリーテリング、、、、
妄想ではない80年代半ばがここで聴ける!

竹中直人のコメント

いとうと初めて出会った時「なんだこいつムカつくやろうだな!」と心の中で静かに思った!いとうが俺にヒップホップと呟いた時「ヒップホップなんだそりゃ?!訳の分からんこと言いやがってカッコつけんじゃねえ!」と静かに思った。そして今、再びこのアルバムを聴いた。するとあの頃の感情が鮮度を持って蘇って来た!いとう!覚悟しろ!!いつかお前の背後から…!

屋敷豪太のコメント

30年以上前の原宿ピテカントロプスで、僕は新しいパフォーマンスの形を見た。
記憶が定かではないけれど、古舘伊知郎がプロレスの実況中継の如く凄いスピードで煽った後の、いとうせいこう、竹中直人、そしてシティボーイズのパフォーマンスを初めて見て、その異次元空間感は半端無く笑撃でキラキラしていた。
その時から、僕はいとうせいこうと言う人物の大ファンとなり、いつも話をすると何か一つを悟らされて自分の未来に希望を持って帰る事が出来た。多分誰もが一度話せば、彼の優しくも知的で、時には攻撃的なオーラが凄い事に気付く筈。それが本人的には日常的会話だったとしても、僕にはとても刺激的。そして気持ちをポジティブにさせてくれるとても大切な存在。

ややのコメント

アルバム「業界くん物語」発売から31年目の、長い年月を経てのCD化おめでとうございます。
「業界くん物語」の1曲として収録した「夜霧のハウスマヌカン」が翌年1986年1月にまさかのシングルカット、有線放送から火が付き 気が付けば沢山の新人賞を。
しかし30年が過ぎ去った今 ハウスマヌカンは もはや死語・・バブル時代も終わった今・・若者たちにも知っていただきたい、そして同じ時代を生きた皆様にももう一度聴いていただきたい
是非「業界くん物語」 お楽しみください。

レキシのコメント

レキシはこの方々から多大な影響を受けていると言っても華厳の滝、いや過言ではない、つって。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」