ニュース

ロバート・フランク写真展、新聞紙に印刷した作品を会期終了と共に破棄

ロバート・フランク『Tunnel』(映像キャプチャ)、カラーと白黒、4分、2005年 ©Robert Frank
ロバート・フランク『Tunnel』(映像キャプチャ)、カラーと白黒、4分、2005年 ©Robert Frank

『Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo』展が、11月11日から東京・上野の東京藝術大学大学美術館 陳列館で開催される。

1924年にスイス・チューリッヒで生まれ、1947年にアメリカに移住した写真家ロバート・フランク。1958年に初版が刊行された『The Americans』などの代表作で知られるほか、映像作家としても多くの作品を発表している。

同展では、繊細な扱いが求められ、貸し出しに高い保険料がかけられることからフランクの作品展示の機会が限られているという現状を背景に、フランク自身とドイツの出版社Steidl社の創業者ゲルハルト・シュタイデルが企画。学校や美術館など公共性の高い場所を会場として世界50都市を巡回している。展示作品は廉価な新聞紙に印刷され、会期終了と共にパフォーマンスによって破棄される。

巡回展の10都市目にあたる東京会場では、作品や写真集に加え、フランクとシュタイデルが1冊の写真集を生み出す過程を、手紙や素材のサンプルといった資料と共に紹介。また、再生新聞用紙に印刷されたカタログを500円で販売する。なお同展の展示構成やイベントの立案、広報、什器の制作などは東京藝術大学の学生が主体となって行なっている。

会期中にはシュタイデルによるワークショップやレクチャー、写真家の鈴木理策とグラフィックデザイナーの松下計によるシンポジウムを開催。さらにフランクを追ったローラ・イスラエル監督の新作ドキュメンタリー映画『Don't Blink』が2017年4月の日本公開に先駆けて上映される。また最終日には、会期終了と共に作品を破棄するというコンセプトのもと、展覧会の集大成となるライブパフォーマンスが行なわれる。各イベントの詳細は『Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo』展のオフィシャルサイトで確認しよう。

左からロバート・フランク、ゲルハルト・シュタイデル ©Copyright John McCarthy 2014
左からロバート・フランク、ゲルハルト・シュタイデル ©Copyright John McCarthy 2014
ゲッティンゲンにて、シュタイデル版『The Americans』の表紙をチェックするロバート・フランク、2007年 ©Gerhard Steidl
ゲッティンゲンにて、シュタイデル版『The Americans』の表紙をチェックするロバート・フランク、2007年 ©Gerhard Steidl
『Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo』展会場イメージ
『Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo』展会場イメージ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる