ニュース

タイポグラフィ専門誌『Typography』日本語ロゴ特集、書体見本帳も付属

特集記事「日本語のロゴとタイトル」が、本日11月8日発売の『Typography』10号に掲載されている。

和や伝統をイメージした日本語のロゴを紹介する同特集。葛西薫らが手掛けた「とらやの羊羹」、石川竜太による「越後亀紺屋 藤岡染工場」をはじめとするロゴのデザイン事例を紹介するほか、筆文字ロゴを手掛ける書家に焦点を当てた記事や、ロゴ制作の際のポイント、書体見本なども掲載される。

また付録として、サイズごとの欧文フォントと組見本を収録した48ページの「オプティカルサイズ書体見本帳」と、書体制作を手掛ける株式会社モリサワによる68ページの小冊子が付属する。

『Typography 10』表紙
『Typography 10』表紙
『Typography 10』より
『Typography 10』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)