ニュース

ジョルジオ・モロダーも登場、渋谷『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』続報

左からUMEK、ジョルジオ・モロダー、CLAPTONE
左からUMEK、ジョルジオ・モロダー、CLAPTONE

国際カンファレンスイベント『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』の続報が発表された。

12月1日から3日まで3日間にわたって東京・渋谷のヒカリエホール、Red Bull Studios Tokyo、WOMB、contact、SOUND MUSEUM VISIONで開催される同イベント。ダンスミュージックに特化したカンファレンス、セッション、ライブの3プログラムから構成され、BOILER ROOM TOKYOとDOMMUNEの協力によるライブ配信も予定されている。

今回の発表では、ライブ出演アーティストが判明。12月3日にcontactで行なわれるライブにはジョルジオ・モロダーが出演するほか、2日にヒカリエホールで行なわれるBOILER ROOMとのコラボイベントにはseiho、SEKITOVA、SATOSHI OTSUKI、GALCID、WATA IGARASHI、2日のVISIONにはETC! ETC!、banvox、SHINTARO、DJ MOE、3日にWOMBで行なわれるクロージングパーティーにはCLAPTONE、THYLACINEらがラインナップされている。また2日にWOMBで開催される石野卓球『LUNATIQUE』リリース記念ツアーも『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』のプログラムに組み込まれ、UMEK、PROK & FITCH、SUNSEAKERらが登場する。

チケットは各公演ごとに必要となるが、『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』のカンファレンスとセッションに参加できる「TDME PASS」を所有している人は割引価格で購入可能だ。詳細は『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』のオフィシャルサイトで確認しよう。

『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』フライヤービジュアル
『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』フライヤービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」