ニュース

福島の取材続けるライター平井有太の個展、キュレーションはChim↑Pom

平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist
平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist

平井有太の個展『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』が、11月22日から東京・高円寺のGarterで開催される。

1975年生まれの平井有太は、ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツを卒業後、2001年に帰国。当時の自分と表現への疑問から2005年の個展以降、美術作家としての活動を停止し、「有太マン」名義でのフリーライター業を活動の軸とした。2012年には福島に移住。土壌スクリーニング・プロジェクト事務局での仕事の傍ら原発事故後の福島の取材を行ない、昨年に著書『福島 未来を切り拓く』を発表している。

今回の展覧会のタイトルは、政治家やアーティストら36人にインタビューした平井の著書『ビオクラシー 福島に、すでにある』からとられている。人々との関わりや会話、インタビューなどを社会活動における実践手段の1つ「ソーシャルスケープ」と位置づける平井によって、「全ては再生/持続可能」「生活が前衛」というテーマのもと、エネルギーや、ファッション、音楽、前衛芸術、農業など多様な実践を行なう人々とのコラボレーションや関わりの中で生み出された作品が展示される。

同展のキュレーションはChim↑Pomが担当。会期初日の11月22日にはオープニングパーティーが開催されるほか、平井と康芳夫とのトークが行なわれる。

平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist
平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist
平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist
平井有太『「ビオクラシー」~ BIOCRACY ~』イメージビジュアル coutesy of Chim↑Pom Studio and artist
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会