石川竜一の写真展が2会場同時開催、沖縄の人々を写す60点

石川竜一の写真展『okinawan portraits 2012-2016』が、11月18日から東京・原宿のAM、新宿のエプソンイメージングギャラリー エプサイトで開催される。

1984年に生まれた沖縄出身の写真家・石川竜一。写真集『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』で2015年に『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した。

同展は、『okinawan portraits 2010-2012』に連なる新作の写真集『okinawan portraits 2012-2016』が9月に刊行されたことにあわせて開催。沖縄の人々を捉えたポートレート60点を2会場で展示する。なお11月19日にはエプソンイメージングギャラリー エプサイトで石川と編集者・本尾久子によるトークが行なわれる。

イベント情報

石川竜一
『okinawan portraits 2012-2016』

2016年11月18日(金)~12月8日(木) 会場:東京都 原宿 AM 時間:13:00~19:00 休廊日:月、火曜 2016年11月18日(金)~12月8日(木) 会場:東京都 新宿 エプソンイメージングギャラリー エプサイト 時間:10:30~18:00(最終日は15:00まで) 休館日:日曜
  • HOME
  • Art,Design
  • 石川竜一の写真展が2会場同時開催、沖縄の人々を写す60点

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて