ニュース

『TPAM 2017』プログラム発表、アピチャッポン舞台作品の日本初演も

アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバー・ルーム』 Courtesy of Kick the Machine Films
アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバー・ルーム』 Courtesy of Kick the Machine Films

舞台芸術のイベント『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017』が、2017年2月11日から神奈川・横浜の各会場で開催される。

1995年に『芸術見本市』として開始し、2011年からは『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』に改称して開催されている同イベント。今回は恩田晃、タン・フクエン、横堀ふみ、加藤弓奈がディレクターとして参加する『TPAMディレクション』、シンポジウムやトークなどを行なう『TPAMエクスチェンジ』、公募の公演プログラム『TPAMフリンジ』といったプログラムが展開される。

13作品が上演される『TPAMディレクション』では、アピチャッポン・ウィーラセタクンが初めて取り組んだ舞台作品『フィーバー・ルーム』や、インドネシアの振付家・ダンサーのエコ・スプリヤントによる『BALABALA』が日本で初上演されるほか、平田オリザの『岸田國士戯曲賞』受賞作『東京ノート』を、平田自らの翻案で台湾の盗火劇団とのコラボレーションにより上演する『台北ノート』が世界初演を迎える。

また『TPAMフリンジ』の参加アーティスト・カンパニーには、庭劇団ペニノ、開幕ペナントレース、冨士山アネット、快快、カタルシツ演芸会、贅沢貧乏らが名を連ねる。各公演の詳細やチケット情報はオフィシャルサイトをチェックしよう。

平田オリザ+盗火劇団『台北ノート』 Designed by Zin Ge
平田オリザ+盗火劇団『台北ノート』 Designed by Zin Ge
エコ・スプリヤント『BALABALA』 ©David Fajar Gesturi
エコ・スプリヤント『BALABALA』 ©David Fajar Gesturi
『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』ロゴ
『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』ロゴ
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い