ニュース

『TPAM 2017』プログラム発表、アピチャッポン舞台作品の日本初演も

アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバー・ルーム』 Courtesy of Kick the Machine Films
アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバー・ルーム』 Courtesy of Kick the Machine Films

舞台芸術のイベント『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017』が、2017年2月11日から神奈川・横浜の各会場で開催される。

1995年に『芸術見本市』として開始し、2011年からは『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』に改称して開催されている同イベント。今回は恩田晃、タン・フクエン、横堀ふみ、加藤弓奈がディレクターとして参加する『TPAMディレクション』、シンポジウムやトークなどを行なう『TPAMエクスチェンジ』、公募の公演プログラム『TPAMフリンジ』といったプログラムが展開される。

13作品が上演される『TPAMディレクション』では、アピチャッポン・ウィーラセタクンが初めて取り組んだ舞台作品『フィーバー・ルーム』や、インドネシアの振付家・ダンサーのエコ・スプリヤントによる『BALABALA』が日本で初上演されるほか、平田オリザの『岸田國士戯曲賞』受賞作『東京ノート』を、平田自らの翻案で台湾の盗火劇団とのコラボレーションにより上演する『台北ノート』が世界初演を迎える。

また『TPAMフリンジ』の参加アーティスト・カンパニーには、庭劇団ペニノ、開幕ペナントレース、冨士山アネット、快快、カタルシツ演芸会、贅沢貧乏らが名を連ねる。各公演の詳細やチケット情報はオフィシャルサイトをチェックしよう。

平田オリザ+盗火劇団『台北ノート』 Designed by Zin Ge
平田オリザ+盗火劇団『台北ノート』 Designed by Zin Ge
エコ・スプリヤント『BALABALA』 ©David Fajar Gesturi
エコ・スプリヤント『BALABALA』 ©David Fajar Gesturi
『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』ロゴ
『国際舞台芸術ミーティング in 横浜』ロゴ
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー