ニュース

ACC『Awesome City Tracks』シリーズ完結の新アルバム、7都市ツアーも

Awesome City Club
Awesome City Club

Awesome City Clubのニューアルバム『Awesome City Tracks 4』が2017年1月25日にリリースされる。

デビュー作から続く『Awesome City Tracks』シリーズの最終章となる同作。本日11月25日に配信がスタートしたシングル曲“今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる”を含む全7曲を収録する。プロデュースにはいしわたり淳治をはじめ、Curly Giraffe、Yaffle、OBKR、浦本雅史らが参加。マスタリングはデヴィッド・ボウイのラストアルバム『★(Blackstar)』やFoo Fighters、The Weeknd、Vampire Weekendらの作品を手掛けたジョー・ラポルタが担当した。

またAwesome City Clubは4月14日の広島公演を皮切りに全国7か所でワンマンツアー『Awesome Talks -One Man Show 2017-』を開催。現在Awesome VIP Clubおよびオフィシャルサイトでチケット先行予約を受付中だ。

マツザカタクミ(Ba,Synth,Rap)のコメント

Awesome City Tracks4が完成しました!Awesome City Tracksシリーズはこのアルバムで完結です。
まずはじっくりアルバムと向き合ってもらってその後、4枚並べて聴いて架空の街Awesome Cityに思いを馳せてみたり、色んな楽しみ方をしてくれたら嬉しいです。

いしわたり淳治のコメント

いつからか日本の音楽から消えてしまった“デュエットのラブソング”の2016年版が出来ました。
女子はカラオケで男子に可愛く「うそつき」と言ってあげて下さい。
だいたいの男子は恋に落ちるはずです。

Curly Giraffeのコメント

メンバー全員がセンスいい!ビックリだ。
涼しくもピリッと突き刺さる都会的センスを持つ彼らとの作業は素晴らしい体験でした。
このアルバムを聴いてみんなもビックリしてください。

Yaffleのコメント

Awesome City Clubのみなさんと良い雰囲気の中で仕事が出来ました。

OBKRのコメント

バチバチやったりました。

浦本雅史のコメント

表面と内面、ACCの今が、しっかりと表現された音が出来ました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会