佐藤直樹の個展、巨大連作絵画『そこで生えている。』を一挙展示

『佐藤直樹展「秘境の東京。そこで生えている。」』が、2017年4月30日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される。

1961年に東京で生まれたグラフィックデザイナー、アートディレクターの佐藤直樹。デザイン会社Asylの代表を務めるほか、2012年頃から絵画制作に重心を移し、板に木炭で植物を描くシリーズ『そこで生えている。』を制作し続けている。

佐藤にとって初の大規模個展となる同展。100メートルを超える作品として現在も制作に取り組む『そこで生えている。』の作品群を一堂に展示する。なお同展のプレイベントとして11月26日に宇川直宏、12月6日に作家の原田マハを迎えたトークイベントを開催。詳細は同展の特設サイトで確認しよう。

イベント情報

『佐藤直樹展「秘境の東京。そこで生えている。」』

2017年4月30日(日)~6月11日(日) 会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda
時間:12:00~19:00(入場は閉場の30分前まで) 休場日:火曜 料金:一般800円 学生700円
  • HOME
  • Art,Design
  • 佐藤直樹の個展、巨大連作絵画『そこで生えている。』を一挙展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて