ニュース

映像作家・竹内スグルの初個展『再生』、藤巻亮太や辻川幸一郎らがコメント

竹内スグル作品 ©Suguru Takeuchi
竹内スグル作品 ©Suguru Takeuchi

竹内スグルの個展『再生』が、12月10日から東京・清澄白河のMITSUMEで開催される。

映像作家・写真家の竹内スグル。1990年代初頭から撮影監督・演出家としての活動を開始し、これまでにTHE YELLOW MONKEYやYUKIのPV、ユニクロのCM映像などに携わっている。2005年にはオムニバス映画『乱歩地獄』に『火星の運河』で参加したほか、写真作品の制作も行なう。

『再生』は、竹内にとって初めての個展。展示作品は、2012年に東京・六本木の国立新美術館で開催された展覧会『「具体」――ニッポンの前衛 18年の軌跡』のために制作した映像作品を新たに発展させたものになるという。

会期初日の12月10日には竹内と森山開次によるオープニングトーク『意識する表現と無意識の表現、あるいはその境界』が開催。また最終日の1月22日には竹内と山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター)が登壇するクロージングトークを行なう。オープニングトークの参加受付はすでに終了しており、クロージングトークの参加申込については12月中に発表される。

なお現在公開中の告知映像では、竹内による「シンプルにコントロールしようとしてもコントロール出来ない場をつくる。そしてそれをシンプルに記録する。そういうことが出来ないか、と」というステートメントを読むことが出来るほか、藤巻亮太、山峰潤也、辻川幸一郎、田島一成が同展に寄せたコメントも登場する。

>※記事掲載後、一部内容を追記しました。

竹内スグル作品 ©Suguru Takeuchi
竹内スグル作品 ©Suguru Takeuchi
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音