ダンサーの黒沢美香が逝去、日本のコンテンポラリーダンスを牽引

ダンサーの黒沢美香が逝去したことがわかった。59歳だった。

黒沢美香&ダンサーズのFacebookページによると、黒沢は12月1日4:56に逝去。死因は明かされていない。通夜は12月5日、告別式は12月6日に神奈川・新横浜総合斎場で執り行われる。喪主は弟の黒澤旭。

神奈川・横浜出身の黒沢美香は、当時5歳だった1962年から舞踊家の両親・黒沢輝夫、下田栄子に師事し、1978年にはニューヨークでルイス・ファルコに師事。1982年から1985年にかけてニューヨークを拠点とし、欧米で活動を展開した。また1985年には黒沢美香&ダンサーズを立ち上げ、2001年からはソロダンスユニット「薔薇ノ人クラブ」でも活動。日本のコンテンポラリーダンスを牽引し、後進の育成にも積極的に携わっていた。

  • HOME
  • Stage
  • ダンサーの黒沢美香が逝去、日本のコンテンポラリーダンスを牽引

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて