『アウトレイジ 最終章』来年公開、北野武「俺の映画になっちゃうよな」

北野武監督の映画『アウトレイジ 最終章』が2017年に公開される。

裏社会に生きる男たちの抗争を描く『アウトレイジ』シリーズ。2010年に第1作目、2012年に第2作目の『アウトレイジ ビヨンド』が公開された。

シリーズ最終作となる『アウトレイジ 最終章』では、『アウトレイジ ビヨンド』の「その後」が描かれる予定。キャストには前作に引き続き、大友組の元組長・大友役のビートたけしをはじめ、関西最大の組織・花菱会の幹部・西野役の西田敏行、中田役の塩見三省、関東の組織・山王会に所属する白山役の名高達男、五味役の光石研、組織を追う刑事・平山役の中村育二、同じく刑事である繁田役の松重豊、韓国の大物フィクサーの側近・李役の白竜らが名を連ねる。シリーズ初参加となるキャストは後日発表される。

なお森昌行プロデューサーは、同作について「北野映画の本流を感じさせる作品です。歯止めがきかない権力闘争の中で、憎しみや悲しみを描きながらも、エンターテイメントとして充分楽しめる娯楽作品に仕上がると思います。ぜひ、ご期待ください」とコメントしている。

北野武監督のコメント

シリーズ3作目で色んな事を盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな。

作品情報

『アウトレイジ 最終章』

2017年に全国公開
監督・脚本:北野武 出演: ビートたけし 西田敏行 塩見三省 名高達男 光石研 中村育二 松重豊 白竜 ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『アウトレイジ 最終章』来年公開、北野武「俺の映画になっちゃうよな」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて