なぎ食堂店主・小田晶房の初エッセイ集、DIYな食堂経営や音楽について綴る

小田晶房の著書『渋谷のすみっこでベジ食堂』が、12月10日に刊行される。

東京・渋谷と武蔵小山にあるヴィーガン料理店「なぎ食堂」の店主である小田。SAKEROCKやトクマルシューゴ、二階堂和美、長谷川健一らを輩出した音楽レーベル「compare notes」の運営や、インディー音楽誌『map』の発行、海外アーティストの招聘、イベント企画なども行なう。

小田にとって初のエッセイ集となる同書では、音楽雑誌の編集者としての日々やヴィーガン料理との出会い、「Do It Yourself」をスローガンに掲げ、料理店での勤務経験がほとんどない中で飲食店を開店するまでの経緯が綴られている。またインディーレーベル運営や音楽について、家族やスタッフについて、リーマンショックや東日本大震災などについても記されている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • なぎ食堂店主・小田晶房の初エッセイ集、DIYな食堂経営や音楽について綴る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて