ニュース

星野源の初イヤーブック、奥山由之撮影の写真やANNライブ音源CDも

星野源のイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』が刊行される。

同書は星野の1年の音楽活動を記録した自身初のイヤーブック。過去最大規模となったツアー『YELLOW VOYAGE』や、出演中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌“恋”など、2016年の活動について星野が語るロングインタビューをはじめ、星野がファンを公言している小堺一機、関根勤との鼎談が収められる。

さらに奥山由之が星野を撮り下ろしたフォトストーリーや、昨年12月に発表されたアルバム『YELLOW DANCER』の全曲解説、星野を知る著名人からのコメントなどが全128ページにわたって掲載。また8月に『星野源のオールナイトニッポン』内で行なわれた企画『2時間生演奏!星野源しか出ない夏フェスinいつものラジオブース』で披露された8曲のスタジオライブ音源を収めたCD『YELLOW DISC』が付属する。

同書はオンラインショップ「A!SMART」で予約を受け付けているほか、星野が出演するイベントやライブ会場でも販売。1月23日と24日に神奈川・パシフィコ横浜で行なわれるライブ『星野源 新春 Live 2days「YELLOW PACIFIC」』の会場でも入手可能だ。なお同書には購入者のみが登録できる特設サイトのアクセスコードが付属しており、登録すると星野のライブチケットの先行予約やテレビ番組観覧への申し込み、フォトギャラリーなどの限定サービスを楽しむことができる。

星野源『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』表紙
星野源『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』表紙
星野源『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』
星野源『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』
星野源
星野源
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開