ニュース

林遣都の主演映画『しゃぼん玉』主題歌に秦基博“アイ”、予告編公開

『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会

映画『しゃぼん玉』の主題歌が発表。あわせて予告編が公開された。

3月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開される同作は、乃南アサの同名小説をもとにした作品。親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す若者・伊豆見翔人が、誤って人を刺して逃げている途中に老婆スマと出会い、村の人々と交流するうちにやがて自分の犯した罪を自覚し始める、というあらすじだ。主人公の伊豆見役を林遣都、スマ役を市原悦子が演じる。

主題歌に起用されたのは秦基博の“アイ(弾き語りVersion)”。東伸児監督をはじめとする製作陣が物語の舞台である宮崎にゆかりのある人物として秦にオファーをしたところ、映画を見た秦本人が自身のターニングポイントになった楽曲である“アイ”の提供を提案したという。

予告編では、伊豆見とスマが出会うシーンや伊豆見がスマの作った料理を食べる様子、藤井美菜演じる10年ぶりに村に戻ってきた女性・美知と伊豆見が交流する姿、伊豆見が過去の行ないを回想する場面などが確認できる。また主題歌の“アイ(弾き語りVersion)”も使用されている。

秦基博のコメント

「しゃぼん玉」という映画は、生きることの困難さや、自分たちの抱える矛盾ーーー
善悪とは何か、本当の意味での優しさとは何か、といったことについて、改めて考えるきっかけをくれる作品でした。
主人公が初めての土地で様々な人たちと出会い、初めての感情を知っていく・・・・・・そんなところが「アイ」という楽曲の世界観に合っていると思いました。

林遣都のコメント

「アイ」は、元々秦さんの曲の中でも特に好きな一曲です。
主人公・翔人の誰にも伝えることのできない切ない思いを代弁してくれているかのようで、撮影時に見ていた景色や抱いていた感情が頭を駆け巡りました。
より一層公開が待ち遠しいです。

『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
秦基博
秦基博
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年