ニュース

林遣都の主演映画『しゃぼん玉』主題歌に秦基博“アイ”、予告編公開

『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会

映画『しゃぼん玉』の主題歌が発表。あわせて予告編が公開された。

3月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開される同作は、乃南アサの同名小説をもとにした作品。親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す若者・伊豆見翔人が、誤って人を刺して逃げている途中に老婆スマと出会い、村の人々と交流するうちにやがて自分の犯した罪を自覚し始める、というあらすじだ。主人公の伊豆見役を林遣都、スマ役を市原悦子が演じる。

主題歌に起用されたのは秦基博の“アイ(弾き語りVersion)”。東伸児監督をはじめとする製作陣が物語の舞台である宮崎にゆかりのある人物として秦にオファーをしたところ、映画を見た秦本人が自身のターニングポイントになった楽曲である“アイ”の提供を提案したという。

予告編では、伊豆見とスマが出会うシーンや伊豆見がスマの作った料理を食べる様子、藤井美菜演じる10年ぶりに村に戻ってきた女性・美知と伊豆見が交流する姿、伊豆見が過去の行ないを回想する場面などが確認できる。また主題歌の“アイ(弾き語りVersion)”も使用されている。

秦基博のコメント

「しゃぼん玉」という映画は、生きることの困難さや、自分たちの抱える矛盾ーーー
善悪とは何か、本当の意味での優しさとは何か、といったことについて、改めて考えるきっかけをくれる作品でした。
主人公が初めての土地で様々な人たちと出会い、初めての感情を知っていく・・・・・・そんなところが「アイ」という楽曲の世界観に合っていると思いました。

林遣都のコメント

「アイ」は、元々秦さんの曲の中でも特に好きな一曲です。
主人公・翔人の誰にも伝えることのできない切ない思いを代弁してくれているかのようで、撮影時に見ていた景色や抱いていた感情が頭を駆け巡りました。
より一層公開が待ち遠しいです。

『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
『しゃぼん玉』 ©2016「しゃぼん玉」製作委員会
秦基博
秦基博
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催